EVENTINFOMATIONNEWS

(2020.7.21) アフターコロナの「メディア」&「エンタテインメント」

アフターコロナ_メディアフライヤー


当日の参加方法について

お申し込みの方に参加方法のメールをお送りしていますが、メールアドレスの記載間違いなどにより届いていない方が多数見受けられます。
当日はYouTube Liveで行いますので下記のURLよりご参加ください。

Basecamp official YouTube チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCTPOM3IjyNLsT3TrucUmZog
 
googleカレンダー登録/短縮URL (カレンダーへ登録ご希望の方は下記のリンクをお使いください)
https://bit.ly/2E190Th

開催日時
7/21(火曜)18:50-20:30
※18:50より『映画研究会の活動紹介』や『オンライン演劇イベント紹介』などを行います。
お時間ある方はぜひそちらからご覧ください。
 
その他注意事項
※キャンセルなどのご連絡は不要です。


コロナの影響により休止していたベースキャンプ・イベントですが、
オンラインイベントとして再開します。
世の中が変わりつつある中、
変化を元に『これから』を考えていく機会を作れたらと思っています。

今回のテーマ
アフターコロナの『メディア』&『エンタテインメント』

感染拡大が続く中、大きな変化が求められた業界の1つがメディアでした。
ウィズコロナの日々の中、試行錯誤して行われた取り組みを元に
さまざまな視点から『メディア』の変化を掘り下げたいと思っています。
トークゲストとして、TBS & 博報堂DYメディアパートナーズから、
多種多様な立場から『メディア』に関わっているみなさんをお迎えします。

また後半のディスカッションコーナーでは、
ソニーのR&Dのオンラインコミュニケーション分野で積極的な取り組みをされているチームを交え、
アフターコロナの『メディア』と『エンタテインメント』の可能性を探ります。
多彩な視点を織り交ぜての白熱した時間をお送りできればと思います。

詳細
開催形態: オンライン (お申し込みの方に参加URLをお送りします)
申し込み方法: (下記のフォームよりお申し込みください)
申し込みアンケートフォームはこちら
日時: 2020/07/21(火) 19:00-20:30
参加費: 無料

プログラム
Sec1. ウィズコロナのメディアの現場

コロナ禍でのメディアの取り組みなどをTBSの事例などを通してご紹介いただきます。
トークゲストとして、TBSのお昼のワイドショー「ひるおび!」のプロデューサーの山脇伸介さんをお迎えします。
メディアの変化を裏側からも含めて多数ご紹介すると共に、そこで得た気づきについても触れていきたいと思います。

トーグゲスト
山脇 伸介 TBSテレビ「ひるおび!」プロデューサー

山脇さん

1991年入社。「サンデーモーニング」「ニュースキャスター」「ひるおび」など生情報番組を25年担当。2007年NYU大学院芸術学部ITP留学。「テレビとインターネット」について学ぶ。2009年、民放初のツイッター @tbs_boo 開始。2016年リオ五輪取材、中国伝媒大学で出前授業。
著書「Facebook 世界を征するソーシャルプラットフォーム」(ソフトバンク新書/韓国版)。コロナ禍の中、仕事は皆勤賞。4月からは東大大学院・学際情報学府での授業をオンラインで受講。引きこもり傾向で、料理家の妻に引きずり出される日々。持ち歌はショーン・メンデス、BTSなど。

TBS 「ひるおび!」
https://www.tbs.co.jp/hiru-obi/


Sec2. アフターコロナの「メディア」 & 「エンタテインメント」とは?

アフターコロナの世界での「メディア」や「エンタテインメント」の可能性、
オンラインとリアルの棲み分けなど、
「今、気になるキーワード」についてディスカッションを行います。
参加者のみなさまからいただいた質問などにも触れていきながら
これからにつながる新たな視点を探りたいと思っています。


出演&企画協力:
TBSテレビ メディアテクノロジー局未来技術設計部 / Tech Design Lab
博報堂DYメディアバートナーズ メディア環境研究所
https://mekanken.com/
ソニー R&D

参加者の声をまとめました!

[参加者の声] アフターコロナの『メディア』&『エンタテインメント』

(2020.7.21) アフターコロナの「メディア」&「エンタテインメント」” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です